No. 1よりOnly 1!それぞれの希望に合わせた世界に一つだけのバッグ

最近は立て続けに、オーダーを頂いております!

有り難い限り╰(*´︶`*)╯♡

オーダーメイドは、形、サイズ、生地や、用途に合わせた機能性など何でも言って頂ければ、出来るだけご要望に沿ったあなただけの商品をお作りできます。

買い物に行っても、こんな事ありませんか?

この形であの色だったら、、

ここにもう一個このサイズのポケットが付いてたら、、

もう少し大きかったら(小さかったら)、、

機能性は良いのにデザインがちょっとダサい、、

(何か特定のものを入れたいのに)ぴったりのものがなかなか見つからない、、

などなど、色々見極めていると、ちょっと惜しい〜!!っていう事ありますよね??

私は結構ありますね〜(笑)

あとは、可愛いけど皆持ってるし被りたくない!とかね。

それなら、自分の希望通りのものが作れたらいいなーって思いませんか?

そして特別に作ってもらったものは、愛着が湧いて より大切に ずっと使い続けられますよね。

「自分のための逸品」「大切な人への逸品」を是非作らせて下さい(๑˃̵ᴗ˂̵)

最近のご注文商品。

完成し、お客様の手に渡ったものから紹介します♪

まずは、点描曼荼羅の作家さんから頂いたご注文。

描き途中の作品とペンを入れられるポーチが欲しいとのこと。

お好きな生地を選んでもらい、この前のインドで新しく仕入れたチロリアンテープ(装飾リボン)を見せたらとても気に入ってくれたので、それも付ける事に。

本当はフリンジも付けたいけど、、合わなさそうなら今回はいいかなーとおっしゃってたのですが、

作ってる時に合わせてみたら可愛かったので、勝手に付けちゃいました(*^^*)

ファスナーも上だけ開く感じで考えていたけど、

「用紙やファイルの場合は上だけだと両端に引っかかって出し入れしにくそう」と、

それもまた作っている時に思い付き、大きく開けられる様に長いファスナーにしました。

注文された方の用途が分かっていると

使ってる時の事をイメージしやすいので、色々考えながらワクワクしてきます♪

このポーチは自分でもiPadケースとかにしたいなぁと思っちゃいましたね。笑

オーダー頂いた作家さんも、持ち歩くのが嬉しくなる!と喜んでくれました♡

お次は、コイノボリ食堂に久し振りに遊びに来てくれた男性の方のご注文。

ネパールで仕入れた生地達の中からブルーのヘンプ生地を取り、

色がとても気に入ったから、これで大きいバッグ作って欲しい!

とご依頼を受けました。

ネパールは麻の原種があり、現地では種をそのまま食べたり、繊維として多く使われます。

この4色の生地は、細めの糸で織ってあるのでゴワゴワ感も少なく、軽い。でも麻なのでやっぱり丈夫!

これでできたバッグがこちら。

お客様の雰囲気に合わせ

切れ端のフリンジ部分をそのまま生かし、敢えて少し使い古した様な味のある感じにしました。

肩紐は結んで調節できるようになっていますが、結び目が真ん中だとたくさん荷物を入れた時に結び目が肩に当たって痛くなりそうなので横にずらしてあります。

結構大きいバッグなので、ケータイ、財布、眼鏡など入れられるところがあるといい

というご要望で、内ポケットも多めに付けました。

オーダーされた方は、元美大出身で目が肥えてるし、いつもかっこいいものを身につけられているので、

ドキドキでしたが、色も良いしデザインもとても良いね!と気に入って下さいました。

どんな仕事でも、もちろん仕事でなくともそうですが、

人が喜んでくれると本当に嬉しいですね!!

やり甲斐を感じ、それがまたやる気に繋がる!

有り難うございます!

色んな人に喜んでもらえるようなものをもっと作っていきたいです!

オーダーメイド気になった方は、

このブログのコメント欄か

Facebookページ https://www.facebook.com/Samya-bags-261640891076070/

Instagram saki.samya.jpnで名前検索

で、コメント、メッセージお願いします!!

ちょっと、、、ゲ、ゲリ!?いやいや、汚い言葉ではなくネパールのアレです

昨年、Samyaが作ったマチなしバージョンのポーチ。

↑1、2枚目と3、4枚目が同じもので、2面違う布を使ったこのポーチが結構好評でした。

お化粧道具やピン、女の子用品、タバコ、アロマオイルやハンドクリーム、免許証、通帳&印鑑、充電器と、皆様色んな用途で使って頂いてるみたいです♪

こちらのポーチを購入され気に入ってくれてるお客様の一人で、最近もマチ付きポーチを2つお買い上げされた方がいます。

Samyaの想いを凄く理解して100%で受け取ってくれています。

私がSNSに投稿した時に、その方から頂いたいくつかのコメントを紹介させてください。

↓ ↓ ↓

前にサキちゃんが旅の投稿してたやつでさ、現地の女性が機織りしてる動画と、その投稿に書いてあったサキちゃんの想い(そうやって丁寧に織られてゆく布や、織ってる女性の仕事の繊細さとか積み重ねられた技術の高さとその時間、歴史とか)が、

もうね、本当に感動したの😭✨✨

そんな想いの詰まった布に、更に日本人のサキちゃんが想いを込めて命を吹き込んでカタチにしたポーチ✨✨だと思うと、すっっっごい感謝がわいて涙ウルルッ✨とするほど愛しい大切なポーチや!!

ポーチが欲しい!ってのもあるけど、それ以上に、その布がどこでどうやって出来たか、それをサキちゃんがどんな想いで日本へ持ち帰り、命を吹き込んでくれたのか✨に惹かれてるよ✨

店とかで見かけるとついつい欲しくなっちゃうんやけど、サキちゃんが作った❗って思うと、その布をどんな想いで買ってきたかとか、作り上げる姿がイメージできて、その作品を大事に使いたいー‼って自分の想いも乗っかって、より愛着がわくよね!!!✨✨

サキちゃんの想いが、すごくすごく私の胸にキラキラと降り注いできて、そしたら『欲しい~~✨✨』ってなるんやよー!!

サキちゃんの『私にはこれがある!』と思い立った時のことを書いたブログ読んで、更に、自分の可能性への気づきになったりしてて✨

ほんと素敵!!!✨

いつも気づきと幸福を有り難うねーーー!!!😍✨

———————————————————-

嬉しいーーーー!!!

受け取る側のこんな思いを知ると、俄然やる気が出てきますよ!!

やり甲斐を感じますね。

本当に有り難うございます!!!

このお客様がお買い上げされた最近の新商品samyaマチ付きポーチ。

アロマオイルを入れてる様で、この前お会いした時にこのポーチがとっても良い香りを放っていました(*´∇`*)

ぴったりのサイズですね♪

はい、こちらのポーチに使われているのがゲリ柄(ゲリコットンともいう)です。

ゲリ柄って、、

って、日本人なら思いますよね。笑

ゲリ柄とは、浮き織りという技法で織られた、ネパールの伝統的なカラフル織物です。

模様の部分の糸が浮いて刺繍のように見えます。

太めのコットン糸で織ってあるので、生地もしっかりしています。

色使いとかが可愛いですよね〜♪

ネパールに行くとこの生地を使った商品がいっぱいありますが、

自分的にもっとこの組み合わせでやったら可愛いな とか、もうちょっとしっかりしてたら、、とか思うところもあるし、

買い付けたり、デザインしてネパールの方々に作るのをお願いしてもいいけど

やっぱり自分の手で作りたいので、

布は直接自分の足で買いに行き、日本で作ることにしています。

大好きな旅、大好きなネパール。

それを仕事に繋げて、世界を繋げる。

今はネパールやインドの生地が中心だけど

いずれはもっと色んな国の生地を、

その国の背景を感じながら、伝えながら、

使って行きたいなぁ〜と思っています!(和の生地も含めて)

ほんのいくつかの少数民族を除いて、布をまとわない国はないですからね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

自分の思いを伝えたい!ヒントをこの一冊から、、

昨日は、コイノボリ食堂で春の餅つき!

前回は年末にやって、今回は春の風に吹かれながら気持ち良く餅つきだ〜♪

とか思ってたのですが、強風で寒ーいし雨も降ったりやんだり、、(ㆀ˘・з・˘)

早朝は雪も散らついてました。

何日か前まで暖かくて春日和で桜も満開になったところだったのに!

三寒四温な時期ですね。

桜の花は本当に儚く一瞬で散ってゆく〜。

桜はそれが良いのか♪

それでもお餅は皆で一生懸命ついて、寒かったけど暑くなって、楽しく美味しく頂きました。

普段運動不足過ぎて若干筋肉痛です。。笑

そう言えば石川県に来てから、醤油をかけた大根おろしと一緒にお餅を食べるというのを初めて知りました!

これがめちゃくちゃ美味しくて大好きになりました♪

石川県民は皆こうやって食べるんですか??

あとは定番の、きな粉、海苔、砂糖醤油、コースケ手作りあんこで満腹満足!

美味しいお餅を食べた後は、私の旅トークを。

写真や動画を見せながら、初めて自分の経験を人前でお話しました。

聞いてくださった方々有り難うございました!!

人に伝わる伝え方って難しいな。。

反省点は多々ありますが、やってみると自分の力量を知れて、

あー悔しい!もっとできるはず!と次に繋げる目標ができました。

やっぱりやった事ないことをやってみるって大事です。

チャレンジ!色んな事にチャレンジすれば、自分の出来ることが増えて幅がもっと広がり人生が豊かになる!

成功の反対は失敗ではなく、挑戦しないこと。 まさにそうだなと。

良く分かりました。

人に言われて分かっていた「つもり」な事も、結局自分が身を持って経験した時にやっと腑に落ちるんですね。

はい、それで話を少し戻して、

私は「伝え方」という課題ができたので、それを脳で検索したまま本屋に立ち寄ると、

何冊か目に入ったうちの一つがこれでした。ジャパネットたかたさん(`・∀・´)

あの話し方を思い出すと面白くてちょっと笑いが出ちゃいますね(笑)

でもあれだけ強く印象付けるって凄いですよね。

そしてこの方の情熱が半端じゃない!

伝えたい情熱が溢れ過ぎて、あの声になっちゃうみたいです。

トークライブもそうですが、私はものを作って売る仕事なので、見習いたい部分がいっぱいありました。

でも根本にあるのは当たり前と言ったら当たり前で、すごくシンプルなこと。

商品の先にある感動を伝えて、商品を手にしたお客様に幸せを届けること。

お客さんに感動していただいたり、お客さんの生活を楽しくしたり便利にしたり豊かにしたり、

それって自分の商品に絶対の自信があって、人のことをちゃんと想っていればできるんじゃないか??

あとは「なぜ、なんのために」伝えたいかを明確にすることだと。

昔から販売に対して苦手意識があったのですが、今は特に自分で作ってるものだし自分の話したい事だし、情熱を持って伝えればそんなに難しい事ではないかもしれない。。

まぁ、それが一方通行になっちゃったらダメですけどね。。

いつか情熱が溢れすぎて、あの声になってるかもしれません(๑˃̵ᴗ˂̵)笑

長くなりましたが、読んでいただいて有り難うございます。

あ、あと実は次回、5/3に石川県白山市のbar「我楽 がらく」さんにて、

また旅のお話をさせていただく事が決まりました!

情熱を持ってお伝えしたいと思います♪

Samyaというブランドとサキという人

初めまして!

サキと申します。

いきなり私事ですが、先日誕生日を迎えまして29歳になりました。

あと1年で30という節目の歳になるので、今年はやりたい事(前から動いてはいたこと)を本格的に形にする!と、意気込んでおります。

私は、海外で買い付けた生地を中心に使いバッグやポーチを手作りして、Samya bagsというブランドで売っています。

“Samya”とは、サンスクリット語で調和や平安を意味します。

最近は大企業の大量生産、ファストファッションが主流になっている中、個人と個人の繋がりを大事にし、出来るだけ誰とも被らない一点物を提供していきたい

次から次へと買っては捨てるのでなく一つ一つを大切に使って欲しい、ハンドメイドならではの良さや温もりを感じて欲しい という思いがあります。

手から手へ。心から心へ。 渡って行くのって素敵♪

そもそも、バッグを作り始めたきっかけですが、、、

東京生まれ東京育ちだった私は、東京以外で暮らした事のないある意味田舎者。

東京という何でも揃う大都会から出てみたくなり

4年前にバックパッカースタイルで旅に出ました。

沢山の人に助けられながら

1年半かけてアジアとオセアニアを周り、

今までした事のなかった色んな経験をして

今まで会ったことのなかった色んな人に出会いました。

旅中に出会った人は、楽器が得意だったり料理が上手だったり

アクセサリー作ってたり何かに凄く詳しかったりする人が多くて

私って何もないなぁ。。と思ったりして、凹む時もありました。

日本に帰ったら何しよう 。。雇われずに何か自分でやってみたい。

旅の終盤ではそれをずっと考えていました。

帰国後、私が旅に出る直前に、子供が産まれた友達に会いに行く機会ができました。

産まれてから初めて会いに行くので、何かプレゼントしよう と色々考えた上で、

自分で子供用リュックを作ってみることにしました。

服飾の専門学校に通っていた時に買って以来

ほとんど使っていなかったミシンを久しぶりに出し、

家に眠っていたもう使わない洋服や布を集めて作ってみたら、、

おっ!可愛い!やってみれば意外と作れるじゃないか。笑

私にはこれがあった。むしろこれしかできない。

と、ひょんなきっかけで気付く事になり、

これを仕事にして自分でやってみようと思ったのでした。

そんなこんなで今に至ります。

以上、初投稿は、Samya と デザイナー兼作り手のSaki の紹介でした〜*